FX

【2022年】FX初心者がマネースクエアのトラリピに挑戦!

サムネ
悩んでいる人
悩んでいる人

FXの経験がない初心者だけど、FXに挑戦して利益を出したい!
相場の「上げ」・「下げ」を判断するのに時間を取られるのが嫌だ!
マネースクエア(トラリピ)のおすすめの通貨ペアや設定が分からない!

FIREシーサー
FIREシーサー

FX初心者でも「マネースクエア(トラリピ)」に挑戦して、月3,000円(年利10%)の利益を出しています!
この記事で紹介するトラリピのな設定を参考にする事で、トラリピ初心者でも利益が狙えます!

トラリピ」はマネースクエアが提供しているFXの自動注文をしてくれる機能。

自動取引してくれるので、予想が難しいFX相場の「上げ」・「下げ」の判断をする必要がなく、FX初心者やFX取引に時間をかけられない会社員におすすめ!

この記事では、トラリピの仕組みを説明した上で、FX初心者がトラリピに挑戦して毎月3,000円の利益を出すことができているトラリピの設定を解説します!

この記事の内容

予想が難しいFX相場の「上げ」・「下げ」の判断をする必要がなく、自動取引してくれるトラリピの仕組みが分かる!
FX初心者が利益を出したトラリピの具体的な設定が分かり、これからトラリピを始める人でも利益が狙える!

\無料口座開設/

 

トラリピとは?

トラリピとは?

トラリピ」はマネースクエアが提供しているFXの自動注文をしてくれる機能で、「トラップ・リピート・イフダン」の略。

新規注文と決済注文を同時に発注する注文方法を「イフダン注文」と言います。

例えば、「もし100円になったら新規で買い、その後、110円になったら決済(売り)したい」という場面で使います。

トラリピはこの「イフダン注文」を何度もリピートする仕組みになっています。

一度取引の設定をすれば、全て自動で取引してくれるので、ほぼ放置でOK!
FXのチャートに張り付いて売り買いの判断を見極めることなく運用ができます。

 

FX市場のレンジ相場

出典:マネースクエア

ある一定の範囲内で上下を繰り返す相場を「レンジ相場」と言います。

トラリピではレートが上下しそうなレンジ(=範囲)に売買の注文のトラップを仕掛けて、チャートの値動きがトラップに引っかかると、自動で取引を行います。

仮にレンジ相場の値幅で値動きすると、何度も新規注文と決済注文を繰り返すことになります。

 

リピートイフダンのイメージ

出典:マネースクエア

上図では、「100円になったら買い、101円になったら売る」というリピートイフダンの設定になっていて、レンジの中で価格が動く度に1円の利益が発生しています。

トラリピでは、「〇〇円になったら買い、〇〇円になったら売る」という設定をすれば、自動的にレンジの範囲で新規注文と決済注文が繰り返されることで、コツコツと利益獲得を狙います。

レンジ相場が続いて設定したトラップの中で値動きすることで利益を出せる単純な仕組みですが、初心者でも適切に設定すれば勝率が高く、人気を集めています。

 

トラリピをおすすめする人

トラリピをおすすめする人

トラリピがおすすめな人は以下の通りです。

トラリピをおすすめする人

これからFXを始める初心者
FX取引に時間をかけられない人
長期運用に耐えられる人
運用資金に余裕がある人

(1)これからFXを始める初心者

トラリピは、設定が簡単で、設定さえすれば自動で取引してくれるので、FXのチャートを読んでトレードするスキルがなくても挑戦できます。

短期間で大きく稼げることはできませんが、コツコツと利益を積み上げることで、初心者でも稼げる可能性は十分にあります。

実際に、私も30万円の運用資金から開始して毎月3,000円の利益を得ています。
年換算すると1年で36,000円の利益が見込めます!

銀行に1年間30万円預けていてもほとんど利息は付かないのに比べると、トラリピは大きな利益を生み出してくれると言えます。

設定項目が簡単で初心者でもすぐに取引を開始できるのも初心者におすすめの理由の一つ!

トラリピ設定項目(買い) トラリピ設定項目(売り)

(2)FX取引に時間をかけられない人

トラリピは、チャートに張り付いて売り買いの判断を見極めることなく運用ができるので、FX取引に時間をかけられない会社員におすすめ!

一度取引の設定をすれば、全て自動で取引してくれるので、ほぼ放置でOK!

FIREシーサーは裁量トレード(自分で売り買いのタイミングの判断をする)にも挑戦したことがありますが、仕事中も相場の上げ下げが気になり仕事が手につかなくなり辞めました。

その点、トラリピは、設定したレンジに仕掛けたトラップが自動で取引してくれるので、チャートに張り付く必要がなく、FXの取引に時間を取られません!

 

(3)長期運用に耐えられる人

トラリピは、コツコツと小さな利益を積み上げることを目標としているので、利益が出るのに約6ヶ月はかかります。

そのため、短期間で大きな利益を狙っている人には向かない投資手法です。

私もトラリピを始めてすぐに評価損が発生し、さらに評価損額が大きくなっていくのを見て不安になりました。

しかし、時間が立つと少しずつを利益が出始めるようになって、今では安定して毎月3,000円の利益が出ています。

トラリピは、

下がっているときに買う

上がっている時に売る

戻ってきたら決済する

という流れを繰り返すので、最初のうちは損失が発生するのは仕方がないこと。

短期間で損失が発生して不安になってトラリピを辞めてしまう人や、短期間で大きな利益を狙っている人にはトラリピは向きません。

 

(4)運用資金に余裕がある人

トラリピは小額からでも取引が可能ですが、30万円以上の運用資金がある方が望ましいです。
例えば、月に1万円ほど稼ぎたいのであれば100万円くらいは欲しいところです。

しかし、最初から大きな資金を用意するのは難しいですし、FX初心者が大金を払うのは不安だと思うので、まずは少額でOK。

まずはトラリピを使ってみてトラリピの仕組みや操作方法を学び、利益を上げるコツを掴んでから資金増やしていきましょう。

実際、私もまずは30万円の余裕資金を使って開始し、現在も30万円のままです。

もう少し、利益を増やして資金に余裕が出てきてから追加投資しようと考えています。

 

トラリピをおすすめしない人

トラリピをおすすめしない人

トラリピをおすすめしない人は以下の通りです。

トラリピをおすすめしない人

短期間で大きな利益を出したい人

 

短期間で大きな利益を出したい人

トラリピは、コツコツと小さな利益を積み上げることを目標としているので、短期間で大きな利益を狙う人には不向きの投資手法です。

短期間で大きな利益を得たい人は、わざわざトラリピを使う必要はなく、個人で売買のタイミングを判断する裁量トレードがおすすめ。

ただし、裁量トレードの場合、「早く儲けたい」「大きく儲けたい」といった個人の欲が出てしまい、利益に悪影響を及ぼすこと多いです。

私も裁量トレードで「もっと儲けたい」という欲を出して痛い目に遭った経験があります。

 

トラリピの設定方法

トラリピの設定方法について解説します。

トラリピは設定項目が簡単で初心者でもすぐに取引開始できます!

設定項目は以下の7つ。

トラリピの設定項目

  1. 通貨ペアを選択
  2. 「売り」or「買い」の選択
  3. レンジの「上限」「下限」を設定
  4. 注文金額(ロット)を決める
  5. レンジ内で仕掛ける回数
  6. 利益幅の設定
  7. 損切り幅の設定

1️⃣通貨ペア
取引する通貨ペアの種類を選択。

2️⃣売買方向
買いから入るか、売りから入るかを決めます。
買いの場合は「買→売」、売りの場合は「売→買」の売買を繰り返します。

トラリピ 買い方向 トラリピ 売り方向

3️⃣レンジ(範囲)
どの範囲にリピートイフダンを仕掛けるのかを決めます。

4️⃣注文金額
1回の取引でいくら売買するかを決めます。
単位は万なので、0.1は「0.1万通貨=1,000通貨」、1は「1万通貨」となります。

5️⃣トラップ本数
範囲内に何本のリピートイフダンを仕掛けるのかを決めます。
トラップが多いほど、より多くの資金が必要となります。
なお、トラップの間隔はこのトラップ本数を決めることで自動的に決まります。

6️⃣利益金額
利益確定をいくらでするのかを決めます。

7️⃣決済トレール
利益確定の決済注文にトレール機能をつけるかどうかを決めます。基本的に「なし」でOK。

8️⃣ストップロス
損失を限定させたい場合は、範囲の外にストップロスを置きます。ストップロスの水準に達すると、含み損を抱えたポジションが決済されて、それ以上の損失を防ぎます。

 

トラリピの設定方法(実際の画面)

トラリピ設定(実際の画面)

実際のマネースクエアの設定画面を使って解説します。

上図が実際の設定画面です。

最初に②通貨ペアを選択し、③売買方向を決めます。

そして、チャート分析をして④売買を行うレンジ(範囲)を入力。

⑤注文金額、⑥トラップ本数、⑦利益金額を決めます。

「確認」ボタンを押すと注文一覧が表示されるので売買間隔が確認できます。

確認ボタンを押してもトラリピ注文はスタートしないので安心してください。

⑧決済トレールと⑨ストップロスは、何も設定しなくてもOK。

 

FX初心者が利益を出した30万円トラリピ設定

FX初心者が利益を出した30万円トラリピ設定
悩んでいる人
悩んでいる人

トラリピ初心者はどんな設定で始めればいいの?

FIREシーサー
FIREシーサー

トラリピに興味はあるけど設定が分からず不安な初心者に向けて「トラリピ30万円初心者プラン」を紹介!

ここで紹介する設定は、トラリピで利益を出しているブロガーの方々の設定を参考にしたものです。

30万円トラリピ設定=豪ドル/NZドルの30万円設定

通貨ペア 設定
豪ドル/NZドル
(AUD/NZD)
買:1.00200~1.15000
売:1.15400~1.30200
注文金額:0.1万
トラップ本数:38本
トラップ値幅:0.00400
利益値幅:0.00700ドル
追加設定:設定なし

オーストラリアとニュージーランドは地理的に近く、経済的にも結びつきが非常に強いです。

そのため、豪ドル/NZドルの通貨ペアは、相関関係が強く狭い値幅でレンジ相場を形成しやすいという特徴があります。

また、価格の高低差が狭いので、レンジ内での評価損失(リスク)が抑えやすくなります。

さらに、一定範囲で頻繁に上下に動くのでリピート回数が多くなりトラリピ

2005年から過去17年のチャート図を見ると豪ドル/NZドルはおおよそ1.00ドル~1.30ドルのレンジ相場だと仮定することができます。

豪ドル/NZドル チャート

中心の1.15ドルを境界にして、
『1.15ドル~1.30ドルを売り』
『1.00ドル~1.15ドルを買い』
と想定してトラリピを仕掛ければ安い時に買って高い時に売ることで利益が出せ良さそうです。

豪ドル/NZドル チャート(2005年2月~2022年8月)

過去のレンジの中心(1.15ドル)で「売りレンジ」と「買いレンジ」の2つのレンジに分けて、レンジを設定します。

過去のチャートを見ると1.30ドルを超える事もありますが、すぐに1.30以下のレンジに戻っているので、そこにトラリピを仕掛けなくても大きな取りこぼしはないと判断しました。

逆に、全てのレンジをカバーするために1.30ドル以上の所にもトラリピを仕掛けるとなるとそれだけ必要な資金が大きくなる上に、効率が悪くなる(1.30ドルを超える時期は短期間)と判断して、1.3020以上のレンジにはトラリピを仕掛けていません。

具体的な設定画面は以下のとおり。

トラリピ口座に30万円入金した後、上記画像の設定を行います。

「MENU」→「トラリピ注文」で注文画面に移動します。

注文画面に移動したら上記画像と同じとおりに数字を入力するだけで設定完了!

30万円の資金を使って運用利益は年率10%前後なので、年間3万円ほどの運用益が期待できます。

ただし、毎年安定的に利益率10%前後を得られるわけではなく、相場環境によって大きく運用益が出る年とあまり運用益が出ない年がある点にご注意下さい。

最初の1年の実績がよくなるかどうかは運次第な面もありますが、数年間のパフォーマンスを平均すると利益率10%前後になることが見込めます。

 

トラリピ30万円初心者設定のデメリット

トラリピ30万円初心者設定のデメリット

トラリピ30万円初心者設定のデメリットは以下のとおり。

トラリピ30万円設定のデメリット

運用益が少ない(月3,000円ほど)
決済の回数が少ない

 

(1)運用益が少ない(月3,000円ほど)

初心者がトラリピを始めて利益を出すための必要最小限の資金での設定なので、運用益は少ないです。

初心者がいきなり高額の資金で運用するとなると怖くてトラリピを始めるハードルが高くなると思うので、運用資金は必要最小限の30万円としています。

月3,000円程度の利益なので、年間3万円程度。

ただし、年利10%ほどにはなるので、投資の利益率としては高めで、高利益率を自動運用で実現できる点がトラリピのメリット。

FXと言うとリスクがあるけれど大きく稼げるイメージがありますが、トラリピはコツコツと稼ぐのが目的です。

 

(2)決済の回数が少ない

30万円プランは仕掛けられるトラップの数が少ない分、決済の回数が少ないので、成果を実感しにくいです。

1ヶ月に数回程度しか決済が行われないこともあるので退屈です。
裏を返せば、相場の動きを日々チェックして利益の増減を確認する必要がなく、メンタルが安定します。

もし、決済回数が少ないと感じたら、利益幅を小さくすることで決済回数を増やすことができます。

「利益幅」を動かすことはリスク面に影響を与えないので、動かしても特に問題はありません。

 

トラリピ30万円初心者設定のメリット

トラリピ30万円初心者設定のメリット

トラリピ30万円初心者設定のメリットは以下のとおり。

トラリピ30万円設定のメリット

辞めたい時に撤退しやすい
他の投資と同時並行できる

 

(1)辞めたい時に撤退しやすい

トラリピはすぐに辞められるものではなく、辞めるにあたってもタイミングを見極める必要があります!

「発注したポジションを決済するのか残すのか」

など辞める時に判断しないといけないことが多く、基本的には長期で運用し続けるのが初心者向けの戦略です。

初心者がいきなり高額で運用して後戻りできないケースがありますが、30万円の運用ならそこまでポジションを持ちすぎることもないので、辞めたい時にすぐ辞められます。

長期で続けるか迷っている方は30万円プランで運用するのがおすすめです。

 

(2)他の投資と同時並行できる

必要資金が30万円なので、他の投資とも並行しやすいです。

トラリピだけで月1万円ほど運用益を出そうとすると、100万円程度の運用が必要になってきます。

ただ、トラリピだけに100万円以上投資してしまうと、他の投資ができなくなっちゃいますよね?

私は少しリスクを取って利益を得るためにトラリピでFX投資を行っているものの、基本は米国株や全世界株のインデックス投資で、投資資金は株式投資に重点的に投入しています。

「いろんな投資をしているけれど少しリスクをとって高利回りが期待できるFXに挑戦してみたい人」

はこの記事の30万円プランから始めると他の投資と同時並行で資産運用できます。

 

まとめ

この記事では、トラリピの仕組みを説明した上で、FX初心者がトラリピに挑戦して毎月3,000円の利益を出すことができているトラリピの設定を解説しました!

トラリピ特徴まとめ

トラリピは自動で取引してくれるのでFX初心者や時間がない会社員におすすめ!
トラリピはコツコツと利益を積み上げる投資手法!
始めるには最低30万円ほどの資金が必要!
初心者におすすめ通貨ペアは豪ドル/NZドル

「トラリピは稼げない」と言われがちですが、ツイッターなどで調査してみると稼いでいる人は多い印象です。

相場の上下を予想する必要がなく、初心者でも勝てる確率が高いので稼げている人は多いようです。

\無料口座開設/

マネースクエア