不動産投資

COZUCHI(コヅチ)のメリット・デメリットや口コミを解説!

サムネ
悩んでいる人
悩んでいる人

不動産投資ファンディングCOZUCHI(コヅチ)の仕組み、メリット・デメリットやみんなの口コミを知りたい!

FIREシーサー
FIREシーサー

COZUCHI(コヅチ)の特徴や仕組み、メリット・デメリット、実際に使って分かった点やみんなの口コミを解説します!

近年、高い利回りが期待できる不動産クラウドファンディングが人気を集めています。

COZUCHI(コズチ)は、1口1万円、最短3ヶ月から不動産投資ができるクラウドファンディングサービス

数あるクラウドファンディングサービスの中でも、COZUCHI(コズチ)高利回り&中途解約OKな点が特徴

土地や建物を買って不動産投資を始めるには数百万円以上の資金が必要になりますが、COZUCHI(コズチ)は1口1万円から不動産投資を始めることができます。

この記事の内容

不動産投資ファンディングCOZUCHI(コヅチ)の特徴や仕組み、メリット・デメリットが分かる!
COZUCHI(コヅチ)使っているみんなの口コミが分かる!

\無料登録/

COZUCHI

COZUCHI(コヅチ)とは

COZUCHI(コズチ)とは

COZUCHI(コヅチ)は、1口1万円、最短3ヶ月から不動産投資ができるクラウドファンディングサービス。

プロが選んだ不動産に投資できるので、不動産の知識がなくても安心して高利回りを狙えます。

しかも、会員登録や申込などの手続きはオンライン上で完結するので気軽に始めることができ、最短15分で投資が可能です。

不動産のプロが選んだ収益が期待できる不動産を共同で所有し、出資者は定期的にその分配金を受け取ることができます。

事務手数料はかかるものの、申請すれば途中解約が可能で、出資した資金は翌月に換金することができます。

土地や建物を買って不動産投資を始めるには数百万円以上の資金が必要になりますが、COZUCHI(コヅチ)は1口1万円から不動産投資を始めることができます。

少額投資や優先劣後構造の採用により、投資家の負担やリスクを極力抑え、利益を得られる工夫がされています。

COZUCHIの運用案件は想定利回り(予定分配率)が2.0%~20.0%と幅広く、運用期間も3ヶ月~2年と豊富です。

過去には驚愕の年利283%の実績もあります。

COZUCHI高利回り案件

このファンドは配当上限なしだったので、100万預けていたら283万円増えて戻ってきていたことになります。

 

COZUCHI(コヅチ)の運用の仕組み

COZUCHIの仕組み出典:COZUCHIホームページ

運用事業者が投資家から集めたお金で不動産を購入・運用。
入居者からの賃料や売却益で利益を上げ、それを投資家が受け取ります。

>>COZUCHI(コヅチ)の無料登録がまだの人はここから

【サムネ】COZUCHI登録方法
COZUCHI(コズチ)の登録方法を解説!COZUCHI(コズチ)の登録方法を画像付きで解説します。 高い利回りが期待できると人気のCOZUCHIは、1口1万円、最短3ヶ月から不動産投資ができるクラウドファンディングサービスです。...

 

COZUCHI(コヅチ)のメリット

トラリピをおすすめする人

これからCOZUCHI(コヅチ)で不動産投資を始めたい人のためにCOZUCHIのメリットを解説します!

ここでCOZUCHI(コヅチ)の特徴を理解しておくことで、スムーズにCOZUCHIで投資を始めて利益が狙えます!

今は預金金利が低く銀行にお金を預けていてもほとんどお金が増えないので、銀行にお金を預けるよりはCOZUCHI(コヅチ)でお金を投資した方が良いと考えています。

厳選された優良物件に投資できる!

COZUCHI(コヅチ)は、不動産のプロが選んだ優良案件が多いです。

出資者が共同でプロが選んだ不動産を所有し、出資者は定期的にその分配金を受け取ることができます。

FIREシーサー
FIREシーサー

「優良な投資物件を見極める知識や時間がない」
という方でも、プロが厳選してくれるので、手軽に投資できます。

不動産投資では、初心者が利回りが高い好物件を見つけることは難しいですが、COZUCHI(コヅチ)不動産のプロが選んだ不動産に投資できるので、不動産投資の知識がない初心者でも利益が期待できます。

また、COZUCHI(コヅチ)は投資家が個人で物件を管理することもないので、投資後の運営の手間はなし。

投資期間が経過すると分配金が入るので、投資家に負担がかからないのが魅力です。

1口1万円から投資可能

個人が不動産の良し悪しを見極めるのは難しいですし、必要となる資金が数百万円以上になります。

一方、COZUCHI(コヅチ)一口1万円から出資して、出資した分に対して配当が得られるので、不動産を買う資金が無い人でも不動産投資を始めることができます。

FIREシーサー
FIREシーサー

「不動産投資は初めてなので最初から高額投資するのは怖い」
「不動産を買う資金を準備できない」
という方でも手軽に投資できるのが魅力です。

COZUCHIの投資額は、業界最低水準レベルなので、不動産投資に挑戦したい人はCOZUCHI(コヅチ)で少額投資から始めることをおすすめします。

途中解約が可能

COZUCHI(コヅチ)の大きな特徴のひとつは、途中解約ができること。

他の不動産クラウドファンディングの中には途中解約ができず、一度出資すれば定められている期間中は出金できないものもあります。

一方、COZUCHI(コヅチ)では、事務手数料はかかるものの、申請すれば途中解約が可能で、出資した資金は翌月に換金することができます。
(換金するには事務手数料3,300円がかかります。)

優先劣後構造採用で投資家のリスク抑制

優先劣後構造出典:COZUCHIホームページ

COZUCHI(コヅチ)では優先劣後構造を採用しており、元本・分配金の損失はまず運営会社であるLAETOLI社が負担する仕組みとなっています。

劣後出資部分(事業者出資部分)が全額無くなるまで、出資者の優先出資が元本毀損することはありません。

投資家の出資した元本や分配金が守られやすく、リスクを抑えた運用が可能です。

一方、利益が出た場合は、配当金が優先的に投資家に分配されます。

投資家に圧倒的に有利な仕組みでリスクが抑えられています。

ただし、優先劣後構造を採用しているとは言えども、運営会社の負担の範囲を超える損失が発生した場合は、投資家にも負担が発生するリスクはあります。

想定利回りが幅広い

リターンの上限を設けない配当出典:COZUCHIホームページ

COZUCHIの運用案件は想定利回り(予定分配率)が2.0%~20.0%と幅広く、運用期間も3ヶ月~2年と豊富です。

幅広い利回りの案件があるので、利回りや運用期間に応じて選ぶことができます。

長期間お金を預けていてもOKな人は、運用期間が長くて利回りが高い案件に投資するなど、投資家の状況に応じた投資が可能です。

例えば、10万円を利回り6%のCOZUCHIのファンドで運用すると、12か月間で6,000円の分配金を受け取ることができる可能性があり、定期預金よりも大きな利回りが期待できます。

一方、年利0.002%の定期預金の1年物の利息は2円でお金を預けていてもお金が増えるどころか、インフレでお金の価値が下落するリスクさえあります。

COZUCHI(コヅチ)では、過去には驚愕の年利283%の実績もあります。

COZUCHI高利回り案件

このファンドは配当上限なしだったので、100万預けていたら283万円増えて戻ってきていたことになります。

元本割れや配当遅延が一度もなく安全性が高い

不動産型クラウドファンディングは元本の保証がなく、損失が怖くて投資できない方も多いのではないでしょうか。

2022年8月時点で、COZUCHIは元本割れや配当遅延は起きていません。

投資家としても信頼して投資ができるサービスであると言えるでしょう。

 

COZUCHI(コヅチ)のデリット

トラリピ30万円初心者設定のデメリット

COZUCHI(コヅチ)を始める前に、デメリットも理解しておきましょう!

COZUCHI(コヅチ)はメリットが多くおすすめの投資ですが、デメリットもありますので、正直に説明しておきます。

デメリットやリスクも理解することで、あなたにとって適切な投資かそうでないかを見極めることができます。

配当金が課税対象

COZUCHI(コヅチ)で得た配当金は課税対象となります。

そのため、配当金の金額にもよりますが、投資家が確定申告を行わなければならないケースがあります。

COZUCHI(コヅチ)利益が20万円以上を超えると確定申告が必要になります。

ただし、利益が出た場合に確定申告が必要になるのはCOZUCHI(コヅチ)に限ったことではく、通常の不動産投資でも同じで、利益が20万円以上を超えると確定申告が必要になります。

サラリーマンの場合は、会社が年末調整してくれますが、会社で年末調整しているのは会社から得た給与所得です。
給与所得以外で年間20万円以上の利益を得た場合は基本的に確定申告しなければなりません。

COZUCHI(コヅチ)の配当金は課税対象であることを認識し、利益が20万円以上を超えるた場合には確定申告を行うなど、必要な手続きを行うことが大切です。

COZUCHI(コヅチ)年間取引報告書を発行してくれるので、複数のファンドに投資している場合でも収支管理が簡単です。

抽選の当選確率が低い

COZUCHI(コヅチ)で投資するには、応募をして抽選に当選する必要がありますが、抽選の当選確率が低いのがデメリットです。

人気のプロジェクトの場合は、倍率が500%を越えるものもあり、当選するのが難しいです。

人気すぎて当たらないのがCOZUCHI(コヅチ)のデメリットですね。

人気の高い案件に応募できない可能性があるので、定期的にファンド一覧を見て応募することをおすすめします。

運営会社が上場会社ではない

COZUCHIは、非上場企業が運営しています。

運営会社が上場していないことを心配に思う人もいます。

しかし、COZUCHI(コヅチ)は資本金1億円の会社で規模が大きいので、上場企業でなくても信頼度は高いと考えられます。

また、20年以上の社歴があるのも、信頼できるポイントの一つです。

 

COZUCHI(コヅチ)を使ったみんなの口コミ

口コミ

私もCOZUCHI(コヅチ)を使っているのですが、COZUCHI(コヅチ)抽選は人気すぎて当たりにくいです。

実際、私も複数の案件に応募しましたが、今のところ1つの案件にしか当選していないです。

みんなの口コミを見ていても、応募してもなかなか当選しないという声が多いですが、当選している人もいるので、根気よく抽選に参加して当選を待つしかないですね。

利用者の声
利用者の声

10件の案件に申し込んだけれど落選してしまった。
先着順の案件もすでに埋まっていた。
COZUCHI(コヅチ)はなかなか当選しない。

利用者の声
利用者の声

5件の案件に申し込んで1件当選しました!
リターンはまだ先ですが、配当金がいくら増えてもらえるか楽しみ!

利用者の声
利用者の声

COZUCHIで渋谷区神泉エリア開発プロジェクトに投資!
当初5.5%→13.1%
銀行にお金預けるよりもCOZUCHIに預けた方がお金増えます!

応募しても当選確率が低いという声もありますが、実際に投資した人は高利回りを実現してお金を増やしている人も多いようです。

COZUCHI(コヅチ)は、投資のプロが厳選したファンドに投資できるので、不動産投資の知識がない不動産投資初心者の方でも始めやすいです。

また、時間と手間をかけずに不動産投資ができる点でもCOZUCHI(コヅチ)は初心者におすすめです。

通常、不動産投資を始める時は、以下の手間がかかります。

  • 情報収集する
  • 投資物件を選ぶ
  • 価格交渉

不動産投資で収益を得るには、上記の手間を惜しまずに入念に準備を進める必要がありますが、忙しい方にとっては負担になります。

一方、COZUCHIでは、必要な手続きのほとんどを任せてほったらかしで投資できます。

1万円から不動産投資

 

COZUCHI(コヅチ)のキャンペーン

COZUCHIキャンペーン出典:COZUCHIホームページ

COZUCHI(コヅチ)は「投資額の1%相当のAmazonギフト券キャンペーン」を実施中!

投資家登録後10万円以上の投資で投資額の1%相当のAmazonギフト券がもらえます!

最大で30万円分のAmazonギフト券がもらえます!

■キャンペーン概要
投資家登録後10万円以上の投資で投資額の1%相当のAmazonギフト券がもらえる!

■キャンペーン適用条件
1. 会員登録の申込時点から一定期間内(登録申し込み後届くメールに個別に記載)に投資家登録を完了。
2. 投資家登録完了日から150日以内に10万円以上の投資をした方。
※登録後初めての投資に限る。

■キャンペーン期間
2022年7月5日(火)00:00~ 2022年8月31日(水)23:59

>>COZUCHI(コヅチ)のキャンペーンを見てみる

 

まとめ

COZUCHI(コヅチ)の特徴や仕組み、メリット・デメリット、実際に使って分かった点やみんなの口コミを解説しました!

不動産投資を始めたいけれど不動産を買う資金がない人は、1口1万円、最短3ヶ月から不動産投資ができるクラウドファンディングサービスのCOZUCHI(コヅチ)で不動産投資から不動産投資を始めてみてはいかがでしょうか?

COZUCHI(コヅチ)の特徴まとめ

COZUCHI(コズチ)は、1口1万円、最短3ヶ月から不動産投資ができるクラウドファンディングサービス!
不動産投資初心者でもプロが選んだ物件に投資して安心して高利回りが狙える!
優先劣後方式採用で投資家のリスクが抑制されている!
元本割れや配当遅延は起きていないので安心!
配当金は課税対象なので利益が20万円以上を超える確定申告が必要!
抽選の当選確率が低いので根気よく抽選に参加する必要あり!

\無料登録/

COZUCHI